いもサロン「十三夜」のお知らせ

サツマイモまんが資料館主催

秋には、収穫した食物の味覚を楽しむとともに、名月を楽しむ習慣が古来より伝わっています。十五夜が特に有名ですが、後の月といわれる十三夜は旧暦9月13日で、今年は10月8日(土)となります。本来は「十三夜は栗名月」とも言われていますが、13の数字はサツマイモととても縁が深い数字です。

そこで、久しぶりにおいもサロンとして、その日においもファンに集まっていただき、おいも菓子を食べながらおいも談義と共に、おいもに関する俳句や川柳も楽しもうと思います。おいも談義のあとは、松尾芭蕉の句碑がある喜多院まで散歩(歴史ガイド:赤木隆幸氏)をしようと思います。ご都合がつく方は、ぜひご参加ください。

おいもサロン「十三夜」開催のお知らせ – サツマイモまんが資料館 (sweetpotato.info)

日時:
2022年10月8日(土)13:00~15:00(小雨決行)

会場:
サツマイモまんが資料館(川越市元町1155紋蔵庵蔵の街店2F)
※川越の蔵造り街並み通りの「札ノ辻」バス停近くにあります。

日程:
13:00~14:00 おいも談義(おいも俳句と川柳紹介・情報交換会など)&おいも菓子を楽しむ
※甘藷俳句・川柳の紹介:山田英次氏
14:00~15:00 喜多院まで歴史散歩(歴史ガイド:赤木隆幸氏)喜多院で解散

参加:
約15名を予定(先着順)
参加費は1名1,000円(イモ菓子代・ガイド冊子代など。当日、お支払いください。)

申込:
サツマイモまんが資料館のお問い合せからお申込みください。
※題名を「おいもサロン「十三夜」参加申し込み」としてください。
※準備の都合上、早めにお申込みください。

おいもサロン「十三夜」開催のお知らせ – サツマイモまんが資料館 (sweetpotato.info)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトの新着情報をキャッチする

SNS
  

さつまいも大学学長のおススメ

  1. 地元の生産者のみなさまと地域のみなさまとの新たな交流の場「せんばマルシェ」 1922年12月1日、…
  2. 日本では、近年人気が高まっているさつまいも。 食事やおやつ、加工品もとても美味しいですよね! で…
  3. 元(一財)いも類振興会評議員・前日本いも類研究会会長の井上浩先生にお話をうかがいました。戦後すぐに教…

紅はるかさんのおススメ

  1. 調布飛行場から約40分で到着する東京のリゾート「新島」。ここで作られている芋焼酎「七福嶋自慢」をご存…
  2. さつまいも、そのものの味を楽しめるスイートポテト。 さつまいもの水分量、甘み、粘りの違いによ…

紅あずまさんのおススメ

  1. 令和5年1月10日(110番の日)、川越警察署にて木村宏志署長よりさつまいも大学に対して感謝状を頂…
  2. 「さつまいも」は、非常に人気のある食材です。お菓子の材料としても使えますし、おかずの材料としても活躍…
  3. 甘くてホクホクのさつまいもを、朝食やおやつにぴったりのマフィンにしてみました。 さつまいもを…

紅ほまれさんのおススメ

  1. 近年、焼き芋や芋けんぴブームで様々なブランドが出てきているさつまいも。 専門店やスーパーでも様々な品…
  2. さつまいものお菓子というと、何を思い浮かべますか。 今でこそ、さつまいもを使ったスイーツがたくさん…
  3. 群馬県にほど近い栃木県足利市に、近年サツマイモ好き、スイーツ好きに注目を浴びている干し芋「焼き芋の干…

紅赤(べにあか)国王のおススメ

  1. 三富落ち葉野菜研究グループについて ホーム | My Site (okamenoc…
  2. 川越に新たなお芋のイベントが誕生しました。 川越の食文化・歴史に触れる食農プロジェク…
  3. さつまいもを5感で楽しむイベントです! ~五感で楽しむ~さつまいもワールド | さつまいもア…

ピックアップ記事

  1. 地元の生産者のみなさまと地域のみなさまとの新たな交流の場「せんばマルシェ」 1922年12月1日、…
  2. 日本では、近年人気が高まっているさつまいも。 食事やおやつ、加工品もとても美味しいですよね! で…
  3. 川越市出身。大学卒業後、都内の日本料理店などで料理を修業し、地元で観光客らをもてなす川越を…

アーカイブ

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます
ページ上部へ戻る